FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

前立腺炎

前立腺炎とは、前立腺の炎症ですが、前立腺肥大や
前立腺がんとは違って、10代後半からあらゆる
年代層に起きます。
前立腺炎には、急性前立腺炎と慢性前立腺炎
の2つがありますが、全く違う症状がみられます。
前立腺炎の原因となる起炎菌は、
大腸菌をはじめ、淋菌[りんきん]ブドウ球菌、
緑膿菌[りよくのうきん]連鎖球菌などです。
前立腺炎で、細菌の感染による前立腺炎はゆっくりと
発症して再発を起こすこともあれば(慢性細菌性前立腺炎)
急速に進行することもあります(急性細菌性前立腺炎)。
前立腺炎では、まれに、カビ、ウイルス、原虫による感染が
前立腺炎を引き起こすこともあります。
スポンサーサイト

急性前立腺炎と慢性前立腺炎

前立腺炎に急性前立腺炎と慢性前立腺炎の
2つがありますが、全く症状が違います。
前立腺炎の感染では細菌性のものが
尿路や血流から前立腺に広がることで、前立腺
が炎症を起こし、前立腺炎になる場合が
あります。

前立腺炎の感染で細菌による場合はゆっくり
と発症して再発を起こすこともあれば(慢性細菌性前立腺炎)
急速に進行することもあります(急性細菌性前立腺炎)。
前立腺炎では、まれに、カビ、ウイルス、原虫
による感染が前立腺炎を引き起こすこともあり
ます。
前立腺炎とは、前立腺の炎症ですが前立腺癌(がん)や
前立腺肥大症と違って10代後半から、高齢になるまで、
あらゆる年代層に起きます。

慢性前立腺炎

慢性前立腺炎は、下腹部や陰部、肛門周囲の痛み、
不快感といった症状が主に現れる男性の病気です。
慢性前立腺炎は、排尿時や射精時に痛みや不快感
を伴う場合もあります。
程度の差こそあれ、かなりの数の男性が、この病気
慢性前立腺炎にかかっているものと考えられます。
原因として、細菌感染やクラミジアといった微生物
の関与などが考えられていますが、不明な点が多い
のが現状です。
慢性前立腺炎を疑う方に対しては、通常の泌尿器科
的診察(腹部、外陰部の視触診、直腸診)に加え、
前立腺マッサージを行います。
これは直腸診の際に、前立腺を圧迫する診察です。
これによって、前立腺液を尿道からしみ出させる
ことができます。
慢性前立腺炎では、前立腺液を顕微鏡で見て、中に
含まれる白血球の数を数えることにより、前立腺に
炎症がおきているかどうかを調べます。
また、慢性前立腺炎では前立腺液の培養検査を行って、
細菌の数や、種類を調べます。
前立腺液はとれる量に個人差がありますので、全く
しみ出さない人もいます。
慢性前立腺炎で、このような場合には、マッサージをした後に
排尿してもらい、その尿で前立腺液の代用にします。
2007/08/10(金)
前立腺炎

慢性前立腺炎の治療

慢性前立腺炎の治療は、細菌が原因の場合は
抗生物質で治療します。
慢性前立腺炎、抗生物質の治療は全ての方に
有効なわけではありません。
前立腺炎治療、経尿道的前立腺温熱療法や
低周波針通電療法などの治療法が選択される
こともあります。
温熱療法とは、熱を与えて前立腺の組織を縮小し
排尿障害を改善させる方法です。
前立腺炎治療、低周波治療は、皮膚の上から患部
に針を刺して電気刺激を与え、<痛みを取り除く
ものです。
また、前立腺炎は、ストレスなどによる心身症の可能性が
ある場合には、マイナートランキライザー(抗不安薬)が
処方されることもあります。
慢性前立腺炎は、治るまでに時間のかかる事が多いものです。
前立腺炎細菌性と前立腺炎非細菌性、の間を移行するケース
もみられ、治療期間は通常、数ヶ月を要します。
2007/08/09(木)
前立腺炎

急性前立腺炎

急性前立腺炎は、安静を保つことが最も大切です。
そのうえで抗菌剤が処方されて、急性前立腺炎の
原因となる菌の除去が行われます。
急性前立腺炎の場合は入院する必要はなく、経口
抗菌薬を2週間程度服用するだけですみます。
しかし、急性前立腺炎で38℃以上の高熱が出ている
重症のケースでは、入院して抗生物質の点滴投与を
行わなければいけません。
急性前立腺炎で腫瘍が形成されている場合には、切開
して膿を排出する手術が実施されます。尿閉が現れて
いる場合には、尿道からカテーテルを挿入して、尿を
膀胱から体外へ導き出す方法がとられます。
2007/08/05(日)
前立腺炎

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。